SNSはいらない。どの時代も『人と出会う』ことが大切な理由とは?

SNS

今、現代のインターネットの利用時間が睡眠時間よりも長いという研究結果がでています。

インターネット利用時間はなんと11時間です。スマホ、パソコンがないといけない時代ですから…といっても信じられない長さですね。

でもこれって実際どういう影響を与えているのでしょうか?ネットが普及して人体的に良くなったのか

それとも悪くなってしまったのか?生活にどういう影響を与えているのか?歩きスマホをしている人を見てふと疑問に思いました。

普及するSNS(ソーシャルメディア)

地球, インターネット, グローバリゼーション, 技術, ネットワーク, 世界, グローバル, デジタル

SNSの普及によりすぐにやり取りできるようになりました。また同じ趣味やビジネスをしている仲間など

簡単に繋がることができ遊びや仕事に直結するくらい今では重要な役割を担っている。

モバゲー、ミクシー、グリーがら普及し始めTwitter、Facebook、Instagramといったメディアもでてきて

老若男女使いやすいものとなっています。

もちろん筆者自身もTwitterやFacebook、Instagramとアカウントをもっていて友人やSNSの先にいる知らない人とも連絡をとれる媒体として有効活用しています。

利用者の中には通常では考えられないものに興味をもっている人やアニメやスポーツが好きな人まで様々です。

ですが、このようなものがなければ情報の伝達も今より遅かっただろうし、日本のヲタク文化や他人を許容する心は生まれてなかったと考えます。考えるとメリットが多くでてきます。デメリットなんて実際あるのだろうか?

SNSの交流とリアルの交流は同じではない

人, 女の子, 女性, 学生, お友達と, 話, 会議, 研究, グループ, アクティビティ, 宿題

大きく変わった点といえばここではないでしょうか?「リアルで会わなくても済む」という点です。

例えばメールやLINEでやりとりをガンガンして1ヶ月会わないのとその人と一緒にいるのは同じこと…ではありません。

ここにSNSのデメリットが存在しました。

読んでいる方はすでに気づいていたかもしれませんが脳は人と交流することによってストレスを減らしたり、

癒し効果もあるんです。さらに心理学でもあるのですが単純に握手やハグをすることによって信頼感が増し、

ドーパミンが分泌されハイにもなるし鎮痛作用もあるのです。

連絡を取り合っていて「会いたいね」「一緒に飲みたいね」と思うことは自ら知らず知らずのうちに分かっていて

人との交流を欲しているのかもしれませんね。しかしリアルとSNSは全く違うと知らない人がほとんどなんです!

実は長生きにもつながっています

式, 男, 高齢者, 文字, しわ, 古い, 感情, 経験, 生活, 痛み, 負担, ロシア, 冷, 帽子

さらに人と交流

スポーツしたり食生活改めたり、生活習慣だったりこれらのことが重要だと考えますが

最も重要だと考えられているのが「人との交流」なんです。一緒にゲームしたり

一緒にブログかいたり、仲間とYoutubeとってみたり、ご飯食べてみたり…。

日常にある店員さんと話したり、近所の人と会話したりこんなことが長寿につながっているんです。

SNSが流行っているのでもしかしたら今後私たちは短命になってしまうかもしれませんね。

重要なのは「人と出会う」こと

ワークプ レース, チーム, 営業会議, ビジネスマン, ビジネス, チームワーク, オフィス, 人, 会議

簡単に言っちゃうと実際人に会うと人の気持ちを察する能力が増します。

また会って話をするだけで説得力も増します。メールだけと話をした場合では

話をしたほうが賢い人だと認識するという研究結果もでているくらいです。

声やボディランゲージで人の豊かさを感じることができこれだけで賢いと認識

するなんてめちゃくちゃシンプルですよね。じつは脳ってバカなんです。もうほんと単純ですね。

 まとめ

どんなSNSで有名な人でも結局テレビや講演会を開くように

やっぱり最後は実際に声でお届けする方がファンもつきやすいし説得力があがるんだと思います。

友達いないよっていう人もSNSで仲良くなればあえるでしょ?もちろん変な犯罪もあるので気をつけたいところですが…。

人との交流でストレスを感じてしまう人がいるのも実際にある問題だが、SNSだけでなく、ゴールは常に人と出会うことなんだということを念頭に置いといてほしいと思います。

最新情報をチェックしよう!