【メンズ美容】第一印象が良くなる肌のお手入れ方法【正しい手順】

メンズのあなたは正しいスキンケア方法を知っていますか?
最近では女性だけでなく、男性も美容に興味を持ち始めてメンズ用のコスメが出てきています。
気楽に使えるような値段から高額なメンズコスメまで様々なものあり、
各々で自分にあったものを使用していると思います。
しかしながら、良い商品を使用していても『なんだか肌の調子が良くならないな…』と思ったことはありませんか?
ただ単にスキンケアをするだけではダメです。
あなたが今現在行っているスキンケア方法は間違っている可能性が高いです。
反対に肌の質が悪くなる非常に危険な行為をしているかもしれません。
洗顔1つや食べ物1つで肌の調子は変わってきます。
もしかしてとりあえず洗って、化粧水つけて、乳液付けとけばなんとかなると思っていませんか?
去年までは私自身もそう思っていました。(笑)
本記事では誤ったメンズ用のスキンケア方法を直し
正しいスキンケア方法を徹底的に解説していこうと思います。
(もし女性なら彼氏ないし、旦那さんにこのスキンケア方法を教えてあげてください。)
スポンサーリンク

男性は女性よりスキンケアが難しい!?

「結婚式まで数日なのに脱毛の相談に来る人」の写真[モデル:緋真煉 大川竜弥]
実は知らない内に肌は日常生活の中でダメージを受けています。
ex)エアコン、日焼け、睡眠不足、不規則な生活、運動不足、酒やたばこ、ストレス
肌が悪くなる原因は様々な要因が考えられます。
これら以外に枕カバーや布団を洗っていないこともニキビや頭皮のかゆみに繋がっていることもあるんですよ!
ここまでは女性も男性も変わらないのですが、実はある決定的な違いがあるのです。
それは男性には男性ホルモンが多いということです。
この男性ホルモンは角質を増やす働きがありますが、逆にそれが増えすぎてしまうと
毛穴を塞ぎ皮脂が溜まるため、ニキビができる原因になってしまいます。
女性の生理前~生理中に起こる肌荒れもホルモンバランスの乱れで
男性ホルモンが強く働いたことが原因となっている場合が多いです。
男性ホルモンとは違い女性ホルモンはとってもいい働きをします。女性ホルモンにある成分の1つ『エストロゲン』はコラーゲンの生成を促進します。これにより肌のハリ、キメが整うなど肌にとって良い効果をもたらします。
また男性は髭剃りの回数も多くなり、肌にダメージを与えやすいです。
とにかくまずはスキンケアをする前に、自分の肌が悪くなってしまう原因を考え1つ1つ改善していきましょう。

考えられる肌ストレスの原因と対策

「ニキビを潰しちゃう系男子」の写真[モデル:完伍]
考えられる肌ストレスの原因からその対策方法を考えていきます。
もし当てはまって自分の肌にストレスを与えているなと感じるものがあれば、この機会にぜひ改善していきましょう。
髭剃り後の肌荒れがひどいのですが…
カミソリの刃はきちんと交換していますか?またジェルタイプよりフォームタイプの方が肌荒れを防ぐという点においては良いです。もしカミソリが合わないなら、電動のシェーバーに代えた方が良いかもしれません。もちろん髭剃り後は保湿を忘れずに。
おしぼりで顔を拭いていませんか?
おしぼりで顔を拭く行為は顔に強い摩擦を与え、結果として肌にダメージを与える行為になります。洗顔時にゴシゴシ顔を洗うことも同じことなので、気を付けてください。そもそもマナー的に微妙なので。
食べものには気を付けているつもりだが…
男性は女性に比べ夜に食べ物を気にせず食べてしまう傾向があります。夜遅い時間の飲食や暴飲暴食、また睡眠不足から肌荒れを引き起こしてしまいます。お酒やたばこもなるべく控えましょう。
どれにも当てはまらないのに肌荒れします…
主な要因として2つ挙げられます。1つ目は『仕事』です。過労や仕事における精神的ストレスから肌荒れを引き起こす可能性があります。私の場合は髪が薄くなりましたが…。2つ目として『運動不足』です。社会人になり多くの人が運動不足で健康的ではありません。ジムに通い運動不足を解消し、良い筋肉とキレイな肌作りでモテ男を目指しましょう。

スキンケアをする意味とは?

肌には肌を守るための機能が備わっており、その機能を正常に働かせるためにスキンケアを行います。
そのためには水分と油分のバランスで潤いを保つことが大切です。
そうすることによって私たちの肌は外的な汚れや乾燥を防いだり、肌内部の水分を保ち、肌の状態を良くしているのです。
スキンケアする意味を理解した上で今度は洗顔・化粧水・乳液の役割について学んでいきましょう。
1.洗顔
「メンズ用泡洗顔でスッキリ男性」の写真[モデル:藤沢篤]
洗顔の役割は古い角質や顔に付着したの汚れを落とすことです。男性は女性より男性ホルモンの分泌が多く、皮脂を分泌するためこの洗顔が特に重要です。
2.化粧水
化粧水の役割は肌へ水分補給をしてあげることです。男性は女性よりも水分が少ないため、十分な潤いをもたせることが大切です。
「スキンケアボトルとコットン」の写真
3.乳液
「飲み込まれる雫」の写真
乳液の役割は水分と油分のバランスを守ることです。男性の肌は水分の蒸発が多いためにこの乳液の役割が必要なのです。
つまり洗顔・化粧水・乳液などのメンテナンスを行うことによって、清潔に水分と油分のバランスを保って健康な肌を作ります。男性は男性ホルモンが多いために女性よりもスキンケアをする必要があるのかもしれません。
スキンケアは朝・夜の2回行うのが理想的です。朝起きた時の皮脂量は就寝前よりも多いです。1日活動する前に肌をまず整えてから出かけましょう。また寝ている時に身体を回復させるのと同様に、就寝前にもしっかりとスキンケアを行い、肌を回復させる準備をしましょう。

自分の肌タイプによってスキンケア方法は変わる。

 

じゃあ早速スキンケア始めよう!と焦るのは危険です。個人個人で肌の状態は違います。まずは自分の肌状態を知り、自分に合ったスキンケア方法をする必要があります。

 

乾燥肌の方へ

乾燥肌の特徴

☑肌がカサカサしてシワができる

☑洗顔後、肌がつっぱる

☑皮膚から白い粉がふく

 

これらに該当する方は乾燥肌の可能性が高いです。潤いの不足、つまり水分も油分も少ない状態を示しているのでスキンケアを優しく行い、きちんと保湿することを心掛けましょう。

 

洗顔:ぬるま湯で優しく、泡で洗うことを意識し、洗顔後もタオルでこすらないようにしましょう。

 

化粧水:通常よりも多めに化粧水をつけ、時間をかけて肌になじませていきましょう。
乳液:手で少し温めてから使うと、肌になじみやすいです。気になる部分は数回に分けてなじませていきましょう。

 

ちなみに私は乾燥肌なのですが、バルクオムの用品を使用しています。開始1ヶ月ほどで潤いが出てきたと実感できたのでおすすめです。

【バルクオム】

 

 

脂性肌の方へ

 

脂性肌の方の特徴

☑ニキビ、吹き出物が出やすい

☑鼻・額などのTゾーンがテカっている

☑毛穴・黒ずみが目立つ

脂性肌は乾燥肌とは真逆で、肌の水分・油分共に多い状態のことです。顔がベタつく原因となっている余分な油分を取り除いてあげましょう。

 

洗顔:テカりを落とそうと、洗顔のやりすぎは禁物。
化粧水:乾燥が皮脂をより分泌させてしまうので、洗顔後すぐに化粧水を付けましょう。
乳液:適量よりも少なめにしてベタつきを抑えて、肌にゆっくりとなじませましょう。
上記のどちらともにも当てはまる方は『混合肌』の状態となります。少し面倒にはなりますが乾燥している部分は乾燥肌の方のスキンケア法、ベタつくと感じる部分には脂性肌の方のスキンケア法を行ってください。

まとめ

 

これで本記事のメンズ用の肌のお手入れ方法は以上となります。

メラビアンの法則から視覚による印象は約55%もあるので、仕事やプライベートなど日常生活では肌や身なりは気を付けたいところです。

また服装や髪形はすぐに変えることができるかもしれませんが、肌に関して言えば時間がかかるものです。毎日のスキンケアを欠かさず行い、営業や面接・恋愛などにおける重要な場面でしっかりと『きれいな肌』の状態を保っておきたいものです。

 

 



 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク