男の肌荒れは髭剃り後のケア不足が原因。その改善策とは?

男性は会社・ビジネスや学校に行く時に毎朝・夜、髭剃りをする人がほとんどです。そのため毎日の髭剃りで肌にダメージを負い、ニキビやクレーター痕、乾燥や赤みが出てしまいます。好きな人や大事な接待や営業のシーンで爽やかに挨拶できるように肌荒れの原因を探り、改善の方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

なぜ髭剃りで肌荒れを起こしてしまうのか?

髭剃りで肌荒れを起こしてしまう最もな理由の1つは「角質層へのダメージが大きい」ことが挙げられます。

角質(かくしつ)とは、硬タンパク質の一種であるケラチンの別称。皮膚バリア機能を担う角質からなる構造は、角層、または角質層、または角質細胞層と呼ばれる。

皮膚の特に表皮は皮膚バリア機能を果たしており、特に表皮がバリアとなり、表皮の最も外側では角質細胞層(角質層、角層とも)を強く構成している。角質層は、レンガに例えられる角質細胞と、セメントに例えられる細胞間脂質でできた壁のようなものでラメラ構造となっており、皮膚バリア機能は角質層の完全性によって保たれている。

(引用:Wikipedia)

つまり、角質層は肌を綺麗に保つために水分を保つことで乾燥を防ぎ、そして汚れを防いでくれるのです。しかしながらその角質層がカミソリやシェーバーによって傷がつき、剥がれてしまうことで乾燥・雑菌が侵入して、肌荒れが起きてしまうのです。

男性は髭剃りの回数が女性よりも圧倒的に多いため、肌荒れの可能性が高くなるのです!まずは髭剃り中やその後に必ず肌のケアをしないといけないことが分かったでしょう。

肌を保湿することで最低限のバリアを作り、乾燥肌や敏感肌といった症状を緩和しながら自分本来の肌を取り戻しましょう!

 



 

肌荒れを防ぐために気を付けるべきポイント6つ

かみそり, シェービング クリーム, アフターシェーブ, シェービング, ひげをそる, 衛生, バスルーム

このまま同じ方法で髭剃りを続けてしまうと角質層が剥がれ、肌荒れだけでなくシミを作る原因にもなりかねません。できるだけ肌へのダメージを少なくして、元の綺麗な肌を取り戻せるように対策を取ることを勧めます。

というのも私自身もカミソリ負けし、肌荒れをしていた張本人です。鼻下の髭や小鼻の周りは乾燥し、角質が剥がれ落ちていました。しかしながら、あるポイントを気を付けるだけで今では小学生のような綺麗な肌を取り戻すことができました。しっかりとケアすれば、今までは調子の良くなかった肌も理想の肌に近づくことができます。簡単ですので最低でも角質が再生する1ヶ月間やってみましょう。

朝に髭剃りをすること

まず1つ目に気を付けるポイントとして髭剃りのタイミングを朝にしましょう。仕事の関係や朝に時間がなく夜に髭剃りをしてしまっている方は、できるだけ朝に時間をつくって髭剃りするようにしましょう。なぜなら睡眠後は肌の調子が良く、カミソリ・シェーバーからかかる肌への負担が少なくなるからです。

カミソリの刃を定期的に交換すること

カミソリの刃の切れ味が悪いと肌にダメージを与える可能性が非常に多くなります。少しでも切れ味が悪いと感じたらまずは刃を交換することをおすすめします。

また汚れが付いたまま使うことも切れ味を悪くする原因となり、その汚れから雑菌が肌についてしまうことも考えられますのでやはり清潔にするためにも刃の交換はすべきです。使った後もしっかりと付いた髭や皮脂を洗い流しましょう。

シェービングフォームの使い方

肌にダメージを与えずに髭を剃る方法はしっかりと泡立て、肌に水分を与えた状態にすることです。もちろん乾いたままだと肌にダメージを与えてしまうので、多めにシェービングフォームを使って泡で髭を剃ることを意識する必要があります。

電気シェーバーを使用する

カミソリはよく剃れますが、髭剃り中に皮膚まで一緒に削ってしまうことも考えられます。カミソリによって肌荒れを起こしている可能性があるのならば、電気シェーバーに変更することをオススメします。

電気シェーバーの刃は肌に当たることが少なく肌へのダメージが少ないです。電気シェーバーには往復タイプと回転タイプの2種類があります。往復タイプの電気シェーバーはカミソリと同じ動きで剃ることから肌へのダメージがあまり変わりません。

回転タイプは肌へのダメージが少なく、肌荒れを起こしてしまっている方におすすめの電気シェーバーです。カミソリから電気シェーバーに変更するのであれば回転タイプを推奨します。

電気シェーバーは基本的にカミソリより深剃りすることができません。髭が濃く剃っても青髭が気になってしまうといった方には向いていません。

刃の枚数を多くする

かみそり, かみそりの刃, ひげをそる, 衛生, シェービング, 深剃り, 手入れをすること, シャープ

2枚刃、3枚刃、5枚刃と刃の数が多くなればなるほど肌へのダメージは少なくなります。青髭が気になってなるべく深く剃ることができるカミソリで剃りたいという方は、刃の枚数の多い物を選ぶと良いでしょう。刃の枚数が多ければ多いほど深剃りできることになりますので、自分の髭の濃さにあった枚数のカミソリを見つけることが重要です。

髭剃り後の肌ケアが1番重要!

今まで述べたことは意外とやっている方も多いことでしょう。しかしながら、お風呂上りや髭剃り後の肌ケアを怠っている方は多いのです。髭を剃って肌を回復させるためにも、しっかりと保湿を行うことが大切です。

市販のものでも十分に対応できますが、20種類の美容成分が含まれる発酵美容液「O.I.Z. PBジェル」男性におすすめです。髭剃り後の肌荒れによって起こる乾燥だけでなく、敏感肌、赤み、粉拭きといった症状にも効果があります。浸透力・さっぱり感が特徴的です。最低でも皮膚の再生に1ヶ月程度かかってしまうので、早期に対処することをおすすめします。



まとめ

季節の変わり目には体調だけでなく肌トラブルも起きやすくなり、特に冬には乾燥が目立ちます。ほったらかしておくと、症状は徐々に悪化していき気づいたときには手遅れとなってしまわないように肌ケアをしっかり行うようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク