私の髭が生えてこなくなった部分ができた。経験からその疑問をズバリ解決します!

 

髭!男なら1度は憧れるものですよね。職業にもよりますが髭が生えていた方がダンディーに見えてより効果的になったり、最近では海外かぶれでファッションの一部として生やしてる人も少なくないでしょう。でもこんな悩みないですか…?

 

「髭が生えてこない」また「髭が生えていたのに生えてこなくなった。」などなど。実は筆者は後者で生えてこなくなりダンディーさがなくなってしまいました。笑 両者とも生えてこないという悩みとして解決できないかというテーマで今回お話いたします!

 

 

 

スポンサーリンク

そもそもなんで生えてこないの???

 

 

 

 

1.男性ホルモンと女性ホルモンが大きく関わっています。

男性ホルモンは主にテストステロンが95%を占めており、これが骨・筋肉・体毛・性欲を増やすのに必要な分泌物となっています。またテストステロンと5αリダクターゼが結合してできる男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛の要因となっています。

ただしこれは髪の毛の方の要因が大きいです。

 

 

2.実は髭の円形脱毛症があります。髭の場合はこれが一般的のようです。

円形脱毛症になってしまう諸悪の根源は「自己免疫疾患」によるものが主に考えられるようです。自己免疫疾患とは異物が入ってきたときに働く機能なのですが、間違って自分の細胞に攻撃してしまうという症状のことです。最低ですね。笑いごとではないですが機能がしっかり働いていないというもう病気です。

発毛に必要な毛も攻撃を受けてしまうので脱毛が起きてしまうのです。

 

3.次に多く考えられるのがアレルギーです。「アレルギーなんてないよ」という方大間違いです。

アレルギーはある時、体の中の許容がオーバーすることによって起きるのです。花粉アレルギーや食物動物、金属いろいろありますがアトピー性皮膚炎が脱毛に繋がるアレルギーとなっています。アレルギーから痒くなったり、ただれてしまうことで脱毛になると言われています。実に約40%の人がアトピー要素をもっています。

 

4.なんとなんと深剃りでも脱毛になってしまう可能性もあるのです。(筆者はこの場合かも…)

私のように髭の濃い人は毎日もしくは1日に2回以上髭剃りしている人は毎日肌に刺激を与えているため、脱毛につながっている場合もあるのです。

 

5.申し訳ないのですが、ここからは覚悟して読んでください。

悪性円形脱毛症というのがあります。円形脱毛症が髪の毛や髭、眉毛、わき毛、様々な体毛に脱毛化が進んでしまっている場合は悪性円形脱毛症といわれる完治しづらい症状にかかっている場合があります。遺伝や男性ホルモンの関係性が強いようですがはっきりしたことはわかっていないのが今の医学の現状です。

 

 

 

 

対処法

 

 

髭が生えないんだ…と思ってもやっぱり受け入れられないと思います。そういった方のためになんとかして髭を濃くするための方法を記していきたいと思います。

 

ストレスを減らす

 

以前まで生えていたという方はストレスによる要因が大きいです。まずなぜなったのか?どういった経緯なのか?を自身で把握する必要があると思います。悩みというのはその問題だけでなく体の一部から症状として表向きとなる場合が多いのでストレスの原因を追究し解消する必要があります。時間を要するかもしれませんが時間の流れとともにゆっくりと改善していきましょう。

 

自己免疫疾患の方は薬で免疫を抑えることができます。しかし病気にかかりやすくなるという欠点もあります。ストレスからくる場合もあるので何年もかけて治す、また医師の診断を元に治していくというのがベターでしょう。

 

本格的な円形脱毛症の場合、毛根を刺激して再度生えてくるように活性化させる方法や「局所免疫療法」という

SADBE、DPCPという薬品を塗り(わざとかぶれやすくさせる)皮膚炎を起こさせて治療する方法もあります。どちらにせよ活性化が目的なので安心だとは思います。この方法では大きな効果が期待できるそうです。顔という気になる部分ですので自ら行うのではなく必ず専門の医師(皮膚科)に診断してもらうようにしましょう。

 

 

男性ホルモンを増やす

毛が濃いというのは男性ホルモンが多いことが関係しています。つまり男性ホルモンを多く分泌させればいいのです。

 

・肉を多く摂取する

動物性のたんぱく質を多く摂取することによって、テストステロンのレベルを上げることができます。このテストステロンの値を上げることができれば、毛量や筋肉を増やすことができます。骨格の発達にも関わる重要なホルモンです。

 

・亜鉛を摂取する

また亜鉛も摂取することも良いです。男性ホルモンとの関係が深く、体毛に亜鉛の濃度が高いと男性ホルモンの値が高いという研究結果も出ています。

(参考資料:https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/071300026/010600082/?P=2)

 

大豆の中に含まれている『イソフラボン』は男性ホルモンを抑える効果があります!実は大豆イソフラボンは女性ホルモンに似ているとも言われるのです。

 

・筋トレをする

筋トレをすることは、男性ホルモンの分泌を促す効果があります。

先述で記載した『肉を摂取する』と合わせて筋トレをすれば、筋肉もつくし髭も生えるしで一石二鳥ではないでしょうか。

 

・医療により摂取する

男性ホルモンを直接注入して、体内に取り入れる方法もあります。

(参考資料:https://www.buzzfeed.com/jp/patrickstrudwick/this-trans-guy-took-a-selfie-every-day-for-3-years-to-show-j)

 

上記の文献をご覧ください。

あるトランスジェンダーの方が男性ホルモンを注入し続けた3年の記録を写真でまとめたものです。

1~2年ほどは微妙と言っては失礼ですが、そこそこの変化しかないもののそれ以降、髭が生えてきています。

むしろ3年目には髭が生えそろって完全に男性といった感じに見えますね。男性ホルモンを多くすることがいかに髭を増やすことに関係があるかが分かったと思います。

 

髭を生やさない

髭が生えない体質なのでもはや髭を完全に生やさない方向にもっていった方がいいかもしれません。自分自身、童顔で髭を生やして結局似合わないと思ったので、髭脱毛する決心がつきました。今は髭がない方がモテるみたいですね。髭が気になると今度は肌も気になると思うので、もし興味があればぜひ見てください。

【メンズ美容】第一印象が良くなる肌のお手入れ方法【正しい手順】

 



 

 

まとめ

 

どんな症状であれやはり専門の医師にかかる必要があると思います。スカルプDや市販のものを使用してもよいとは思いますが、早めの診断がオススメでしょう。中には3ヶ月ほどすれば再び生えそろってくる人もいるので、ストレスにならないよう

深く気にしない方がよさそうですね。筆者の場合頭皮も一緒に脱毛してるみたいなので早急に病院に行きたいと思います…。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク