携帯販売員があることないこと言ってくる。

先日、iphone7からiphone11proに機種変更しました。理由はシンプルでiphoneの外カメが壊れたのと充電器差す部分がガバガバ。あとはバッテリーの劣化が酷かったので機種変更するという流れに至りました。急に劣化が来たわけではなく『そろそろ買い替えなきゃなー』と思っていたので、それなりの価格は把握してはいたが、見積もりを出してもらって見て見たらやはり高いと感じた。

欲しい物はiPhone11のpro 256GBで145,920円。iphone11なら同じ容量で108,000円と4万円ほど価格を抑えることができるのだが、iphone11本体が大きく手にフィットしなかったので使い勝手を選んでproを選んだ。

 

スポンサーリンク

月額の料金について

 

『お客様の月々の利用料金はこちらです。』9000円くらいかなーとも思っていたけど実際に提示された金額は11000円超え。ん?と前にふらっと立ち寄った店で見せてもらった金額とは異なったので疑問に思ったが、お客との間で相違がないようにまだ割引入れてないんだろう…と思っていた。

だが、聞いてみれば今のプランを適用させた上での金額だというのだ…。『これが毎月の料金ですか?』と再度聞いても結果は同じ。割引はしっかり適用されているし…僕の勘違いだろうか。

 

『充電って今のスマホどうですか?』唐突の質問だったが『全くダメです。』と本音がすぐに出た。ですよね~とすかさず店員さんが間髪いれずに『その横のやつが置き型の充電器なんですよ!』と言ってきた。置き型の充電かぁ。とにかく新しいもの好きの僕からしたら魅力的な商品だけど、有線の充電との違いってなんなのだろうか?とくに変わりないのなら買う必要もないけどな…なんて陰キャなので頭で考えながら『いいですね』と言ってしまった。

『ですよね!ワイヤレス充電だと100%になると充電が勝手に止まって、バッテリーの持ちも良くなるんです!』と追い打ちをかけてきた。

 

『裸で持って帰るの怖くないですか?』そりゃ怖い。分かってるけど、店舗に置いてあるケースはたいてい可愛くないし、かっこよくもない。何かしらデザインされたものはハンズかドンキかAmazonくらいでふらっと立ち寄って購入くらいがいつもちょうどいいと思っている。こんなことをしているから何個もスマホケースが増えるのも知っている。

いらないかなーとも思いつつ、実際に商品を見て見るとまあまあの商品もあり、お店行くのめんどくさいまあいっかなんて思っていた。『いいですね』とまた思ってもいない言葉が出てしまった。契約終わるまでなんとか穏便にいきたいという気持ちが営業する人のの心を躍らせてしまう。

『ガラスのフィルムもケースもそしてwirelessの充電器もお見積もりに入っているんです!』忘れていた。これが店舗の上等手段だった。どうりで高いわけだ。『エッ?ソウナンデスカ?ヤスイデスネ。』と大根になりきったところで『一旦考えます』と店を後にした。

 

wirelessの充電器について調べてみた。

 

wirelessの充電器を調べてみると意外なことが分かった。

はじめにメリットから

  • 置くだけで充電できる。

 

 

 

 

だけ。(笑) これ以外にもあるかもしれませんが、僕が調べて感じたことはこれだけでした。反対にデメリットは…

  • 置いて充電されるスペースが狭い。
  • wirelessなので有線より充電スピードが遅い。

などがあった。やはりネットスピードに関しても有線に勝るものなしと、現状ならそのまま有線の充電でいいのかなと思った。さらに調べてみても充電の持ちに関しては所説あるみたいで有線が長持ちするとかwirelessが長持ちするとか確証はない。実際に長持ちするのかもしれないが、あることないこというのはやめてほしいというのが正直な感想。

 

11proという新しい機種だが、各地でスマホケースが売られていて何種類も気に入ったものがあったので、スマホケースとwirelessはいらないという結果に至った。

 

当日、再度訪問し契約するが…

 

帰り際にもらった見積もりを持って行って当日に、再度訪問した。『○○が担当したんですね~…ではこのお見積もりで機種変更でお間違いないですか?』『いえ、スマホケースとwirelessの充電器は大丈夫です』と伝えた。すると途端にインカムで話はじめ、慌ただしくなる。

最初の訪問時と再度訪問した時では担当者は違い、スマホケースとwirelessの充電器の2つのアイテムが外れてしまうことに焦ったのだろう。このアイテムをいくつか売れば歩合でいくらか入ってくるのは分かるけども、さすがに自分が27歳だと分かりやすすぎて、インカムで話し合っているのもなんか気に障る。営業的な仕事は大変だなと思うと同時に、おじいちゃんやおばあちゃん、そして親を考えたら既存のアイテムだと思って購入しかねないなとすら感じた。正直いかがなものかと思う。

 

かんぽ生命保険で強制するような契約が続いて重役が退職するのも頷ける。後日気づいたお客様が大きなクレーマーとなって帰ってくるのは目に見えているのにどうしてするのか?今の僕には理解し難かった。

 

まとめ

 

結果的にiphone11proとガラスフィルムのケースで購入したわけだが、さわやかな気分とは程遠かった。また、スマホのような高価なものを購入する際は、実際に自分で調べてから購入することをオススメする。スマホ販売のプロだから…と勘違いして相手に乗っかってしまうと痛い目を見てしまうこともある。ネットで検索できる環境が整っているので、しっかりと自分で知識をつけよう。最後に総務省がきちんと取り締まることで消費者に明るい未来が照らされることを祈ります。

 

P.S.パソコンでバックアップを取りましたが、復元できずかなり苦戦中。カメラも壊れていてクイックスタートで簡単にデータ移行もできないし…もうiCloudでやるしかないなー。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク