【前澤お年玉】100万円の使い道について

 

2020年1月1日になると同時に開催された前澤さんの【総額10億円】#前澤お年玉 100万円を1000人にプレゼントします!のキャンペーン。お正月暇だった僕はすぐにこのツイートを見た。

 

 

昨年に引き続き今年もお年玉キャンペーンを行い総額1億円から10億円と10倍の規模となり、1000名に100万円が当たる。応募方法はTwitterのアカウント(@yousuck2020)のフォローと上記ツイートのリツイートのみで抽選はランダム。昨年のキャンペーンの反省点の1つであった『突然お金を配り出した趣旨』を説明する内容があり、当たった1000名の人とコンタクトを取り『最近どう?』や『どんなことにお金を使いましたか?』また『家族やご自身に変化はありましたか?』などの定期的なアンケートを実施するつもりだ。つまりこの1000名に100万円が当たるキャンペーンは当選者が『100万円で幸せな人生のきっかけになるかどうか?』という社会実験だ。

※この応募の締め切りは1月7日23:59までとなっており現時点での応募は不可。

 

正直胡散臭さMaxのこの企画だが、名の知れた前澤さん+100万円で変われる気がするといった安易な気持ちから騙される覚悟で元々フォロー済であった僕はこのツイートをリツイートした。100万円くらい自分で稼げよ…!と思うくらいまだまだ反骨心の高い僕でボタンを押すのにためらったが、どう考えても類を見ない企画に挑戦する前澤さんの気持ちを考えた時に並々ならぬ思いがあるだろうと考えた時にはすでにリツイートボタンは押されていた。

3日後には応募したことすら忘れていたが、日が経つにつれどんどん当選への想いが強くなり結果発表を待ち望んでいるただの前澤ファンになっていた。1月19日に『#前澤お年玉』のハッシュタグで当選発表フォームと共にご本人からツイートがあった。回線が混みに混み当選フォームを確認できたのは翌日。結果は落選となった。期待させてなんだと。がっかりだぜ。

 

 

スポンサーリンク

100万円の使い道

 

しかしながら、2次企画としてさらに20名に100万円の当選チャンスがあるということを知ったので是が非でも獲得しにいこうと思った。100万円で変われると。この社会実験の優秀なモルモットとして盛大に名乗りを上げるつもりだ。

そして100万円の詳しい使い道は以下だ。

  1. 奨学金の返済(30万円)
  2. 1ヶ月就職までの生活費(10万円)
  3. 新しい家具・家電の購入(11万円)
  4. 新しいPCの購入(15万円)
  5. 家を借りる(24万円)
  6. 実際に前澤さんに会ってみたい(10万円)

 

これらを詳細に見積もっていく。

 

①奨学金の返済

 

大学1年でやめましたが、奨学金を満額で借りていたため1年で約80万円近くの奨学金の返済の残りに当てる。一般人にとって借金や借入、ローンなどの仕組みは負や罪悪感に感じるため一刻も早く返済がしたい。

 

②1ヶ月就活の生活費

 

ワーキングホリデーよりカナダから帰ってきたばかりでニートなので就活のための生活費として10万円を検討。

  • 食費3万円
  • 交通費5万円 計5回分(地方→東京で就職したいため)
  • 宿泊費2万円 計6泊分(漫喫で十分)

 

1回で合格は難しいと考えているため、東京までのおよそ5回分の交通費を考えている。5回分…それでも厳しいとは思いますが、自分を採用してくださる企業があると信じ面接に向かいます。宿泊は1泊2泊とすればホテルが高すぎるので漫喫を初めから活用していきます。

 

③新しい家具・家電の購入

 

新生活が始まると共に新しい家具・家電が必要になるので、その資金とさせて頂きます。最低限必要だと考えるベッド、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、テレビの相場は…

 

最低限必要なモノ 相場
ベッドフレーム+マットレス 1.5万+1.5万=3万
冷蔵庫 2万円
洗濯機 2万円
炊飯器 5千円
テレビ 3.5万円
合計 11万円

(参考文献:ニトリ Amazon)

 

 

最悪のケースを考え新品での購入を考えていますが、もちろん中古での購入や誰かに貰うことも検討中。

 

④新しいPCの購入

 

現在使っているPCは中古で購入しバッテリーの持ちが悪く、電源コードを繋いだままでないと画面が正常に基盤も少し壊れているため買い替えが必要。

今欲しい物はMacbook Proであるため最小価格139800円(税別)に消費税を加えると153780円となるための15万円。(参考文献:Apple)

 

⑤家を借りる

 

家を借りるためには敷金・礼金・1ヶ月分の家賃が必要。敷金や礼金は1ヶ月分の家賃であることが想定されるので、家賃を6万円と仮定すると6×3=18万円となる。これに加え就職したとしても1ヶ月分の給料が入ってくるのはその翌月になるので、その分の家賃を含めると24万円が必要な資金であると言える。

 

⑥実際に

 

①~⑤までの合計金額は90万円となり、残り金額は10万円となる。この10万円を使って最後に交通費としてお会い出来たらと思っている。しかしながらそんなことは実際には難しいので、最後の願いとしてここに記しておく。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク