クイーン・エリザベス女王公園の場所は?どんなところ?

 

カナダ・バンクーバーにある『クイーン・エリザベス女王公園』に行ってきました!

名前からして凄いよね。なぜならテキストその由来は1940年にバンクーバーを訪れたイギリスのエリザベス王妃を記念して造られた公園だからです。

カナダで初めての市立公園ということもあり、観光客の方も多く訪れている場所です。

 

もうこっちにきて数ヶ月経ってるんだけど、全く行ったことなかったから

とりあえず記念に行ってみようかなということで、重い足を引きづり回して現地に向かいました。

ホントの理由は引きこもりしすぎて、鬱気味だったので外に出たかったからです卍

 

 

クイーン・エリザベス女王公園の場所は?

 

正直気になってるのこれだと思うので先に記載させていただきます。

アドレス 4600 Cambie St, Vancouver, BC V5Z 2Z1

 

 

駅からそんな遠くなく歩いて10分ほどで着くので

北にある『King Edward』または南にある『Oakridge 41st Avenue』で降りたら完璧です。(スカイトレインのカナダライン)

ちなみに歩くのだるかったら近くのバスを利用してください。5分で着きます。(バス59830、15番)

 

閑静な住宅街を進んでいくと、クイーンエリザベスパークがあるので

そこまでの道のりや景色を楽しめると思います。

 

 

見どころとオススメスポット

 

まず見どころというか景色、雰囲気がいいので散歩するだけで楽しめた感があります。

仕事で疲れた人やバンクーバーのダウンタウンで人混みで生活している人が

息抜きでこの公園に行くのも良いでしょう。

 

噴水

園内に入るとすぐに噴水があります。最初から知っていたのでスルーしました。写真を撮ってもいいスポットでしょう。

 

小高い丘

噴水が見えた地点から少し上ると、バンクーバーの街並みを一望できる場所にたどり着きます。

ダウンタウンの街並みや海の景色は忙しい毎日を忘れさせます。

近くのベンチでゆっくりしても良いですね。

 

『写真を撮る人々』的な銅像

銅像のタイトルは曖昧ですが、しっかりいます。確かこの後記述のブローデル温室植物園エントランスより右手方向に進んだらいたと思います。

僕も記念に撮りました。んー!逆光。

 

 

 

ブローデル温室植物園

良いみたいです(笑)行ってないからレポートできません…すいません。

ここだけ料金がかかってテキスト大人$6.5、シニア・ユース$4.35、子供$3.15となっています。

ガラス張りのドームの中にテキスト約500種類の熱帯植物が植えられており、100羽の鳥が放し飼いにされているのが驚きでやっぱり入らなくて良かったとも思った。怖すぎ。

 

 

Seasons in the Park

ランチもディナーも楽しめるレストランが園内にあります。

もちろん天気が良ければテラス席でお食事を楽しむこともできます。

シーズンズインザパークの下で撮った写真です。橋がかかっているので特徴的です。

 

 

 

園内ぶらぶらしてたら見つかる

最後テキトーだろお前って言われそうなんですが実際そうなんです。

きれいなお花がいっぱい咲いていて、園内を回っていると自然と撮影スポット・癒されスポットが出てきます。

4月だと桜も咲いていて、観光の方も非常に多くなります。

 

 

どこ歩いてもかわいいお花があるので、どこいっても見てしまいます。かわいい…

 

 

お花の名前とか書いてあれば、なお良かったのですが…

僕がお花に詳しくないだけに残念でした。

 

 

最後に

 

僕から言いたいことは『入口が分かりにくい』ということです。

入れるところがあれば園内に入ってください。(笑)

基本無料な公園でこれだけ楽しめるなら行っても損…どころか得しかないです。

 

まだまだオススメスポットはありそう。

ココいいよ!って知ってる方いたらコメントとかでみんなに教えてあげてね。ではでは~

 

 

 

最新情報をチェックしよう!