ワーホリするなら海外のお酒事情くらい知っとけよ!最悪捕まるよ。

 

カナダに来てちょっと怖いなって思ったことあります。それは『お酒』に関することです。

カナダで飲みに行っても、すべてのお店が2時くらいには閉まります。

『早すぎ…もっと楽しみたかったのに…』という思いを抱きつつ

『まあカナダは家族思いの国だし、早朝まで働かせないか!』と楽観的に考えていました。

少なからず理由の1つには入っているかもしれませんが…実は全然違ったのです。

 

実はレストランやバーで午前3時以降、飲酒することは法律で禁止されており

仮に飲んでしまった場合違法となってしまうのです。

またカナダのほとんどの州では外でお酒を飲むことは禁止されていて

こちらに関しても飲んでしまった場合、違法→逮捕となってしまいます。

 

日本にいた時の感覚で外でBBQしながらお酒なんか飲んじゃったらアウトです。

お酒の法律の知識は知らなかったじゃ済まされません。

どうしても飲みたい場合は買ってきたお酒を家で飲むようにしましょう。

 

 

みんな知らない海外のお酒事情

 

 

Four Assorted Liquor Bottles

 

これだけお酒がすぐに手に入り、どこでも飲めるのは様々な国を探しても日本だけではないでしょうか?

居酒屋も朝までやっていますし、コンビニで缶ビールやチューハイがすぐに手に入る

非常識かもしれないが缶ビール片手に帰宅するサラリーマンもよく見かけます。

 

しかしながらカナダに限らず様々な国々で『飲酒』に関しての規制が法律上されており

自由に飲酒できる国は多くありません。旅行するときの豆知識として各国のお酒に関するルールをここで覚えておこう。

 

 

公の場でのお酒は禁止

 

 

People Barbecuing Skewered Meats

 

海外のほとんどの国で公の場での飲酒は禁止となっています。

カナダに限った話ではないのです。

日本ではお花見やBBQなどでよく飲酒しているシーンを見かけますが、海外ではまさにそれが違法となるのです。

 

ちなみにカナダでの喫煙は屋外のみとなります。

屋内で吸ってしまえば違法です。カジノや飲み屋に灰皿はありません。

吸いたくなったら必ず外で吸うようにしましょう。

そもそもカナダのタバコは日本円で約1000円~2000円ほどしてしまいます。

その機会にやめるというのも一つの手です。

 

お酒を購入できる場所

 

 

 

先ほど日本ではどこでも買えますというお話をさせて頂きましたが

海外ではお酒が購入できる場所が決まっています。

コンビニやスーパーにお酒はなく、お酒を購入する場合は『リカーストア』などの専門店に行く必要があります。

 

カナダではリカーストアくらいしかお酒を扱っている場所がないので

年齢確認(ID)を厳重にチェックされます。

 

飲酒できる年齢も国々あるいは州によって異なります。

とりあえず20歳以上であればほとんどの国で飲酒できますが、アメリカの州によっては21歳から飲酒OKのところもあるみたいなので気を付けたいです。

 

 

番外編

 

 

 

日本以外のほとんどの国では上記のようなルールが設けられています。

絶対にしないよう渡航する際に頭に入れておく必要があります。

 

People Riding on Horses

 

しかしながらサウジアラビアやアラブ首長国連邦の国ではそもそも飲酒が禁止となっています。

パスポートなどを見せれば一部のお店で飲めるらしいのですがかなり高いとのこと。

 

また中国では18歳未満のお酒タバコの購入が禁止ですが、実際には何歳から飲酒・喫煙してもいいという確かなルールはないようです。ちょっと不思議ですよね。

 

 

アメリカのニューヨーク州では日曜の午前中にアルコールの販売を禁止しています。

いわゆる安息日らしく、日本で言う休肝日ってことなんだろうな。

 

 

カナダの大麻合法

 

Canada Flag With Mountain Range View

 

番外編で一番伝えたいことはカナダの大麻合法です。

外の飲酒とか午前三時以降の飲酒よりもはるかにヤバいと感じるのは僕だけでしょうか?(笑)

カナダではなぜか大麻が合法です。

 

1つの理由として合法化することで大麻の流通を規制しているのだとか。

合法化しなければ密売・密輸でどんどん大麻を仕入れてしまうらしい。カナダは闇が深い。

 

4月20日がマリファナデーとなっており、その日は海岸でみんな集まって一斉にマリファナを吸うイベントがあります。マジでクレイジー。

 

お酒を規制する前になんとか大麻の方を頑張って規制した方がいいんじゃないかと思う今日この頃です。

 

 

まとめ

 

 

今日は『お酒』に関する知識についてまとめました。

日本よりもビールやカクテルがおいしいものが多いので、法律を守りながら

お酒を楽しんでほしいなと思います。

 

周りの友達に外で飲もうと言われたり、お酒を勝手に持ち込んだり

よくわからないヤツを吸っていたりするかもしれませんが

キチンと断ることも渡航中は必要なスキルだと僕は強く感じました。

 

最新情報をチェックしよう!