ブログPV激減したからもうやめたい。

すべて正直に話すとゆっくりではあったが、だいたい9月くらいまでのPVは月間で1万2000PVとデイリーで300~400PVはあった。最高PVは500超えと着々の次の目標2万PVに王手をかけようとしていたその時だ。10月に入りPVが激減したのだ。12月のPVは5000着地予定。もうブログやめたい。

 

スポンサーリンク

ブログ激減するまでの経緯

 

初めはデイリーで200PVになり『まあそういう時期もあるよね』とそこまで気にしていなかった。10月に入りカナダから日本に帰る準備等であまりブログと向き合えなかったが、ブロガーあるあるPV数だけは毎日チェックしていた。見るたびにPVが徐々に減っていっているのだ。200を切ったり、切らなかったり。

11月に入りついに200PVにすら届かなくなった。さすがに焦った。200PV以下なんて去年(2019年)頃の9月のPV数と同じだからだ。2018年の4月から始めて時は経ちすでに2019年の11月と1年と7ヶ月続けて200記事もあるのに…。50記事程度しかなかった9月のPV数と同じだなんて。自分が今まで書いて記事はどこに行ったんだろうか?もはや今まで何をしてきたのだろうか?ブログ開設時は『絶対続ける』と腹をくくって始めたのに、僕の中で何かが崩壊した。

 

Googleアップデート

 

11月12月に大きく順位が変動しGoogleアップデートによる影響を盛大に受けた。まるで自然災害のようなこのアップデートは自分のサイトだけでなく、個人ブロガーに大きな影響を与えた。シンプルに自身が作った記事が弱いというだけなのだが、人を介していないようなシステム的な要素があるので受け入れ難いというのが本音。

Google検索を何度もしていると分かるが、自分の知りたい答えが必ずしも1ページに来ているとは限らない。あれでもないこれでもないと探し回りようやく3ページ目で見つける時だってある。そんな記事がなぜ3ページなのだろうかと思う時があったが、Google様の気分次第なのだろう。

珠玉の一本を公開したところで、すべてを網羅し、一日に5記事以上も投下する大手サイトにどうやって立ち向かえばいいのかさっぱり分からない。読者や検索者から求められているのは『解』じゃないの?と腑に落ちない。それ以外にも何か必要とされているものがあるのだろうか。

 

テーマの変更

 

今までは無料のワードプレスのテーマを使用していて、SEOには詳しくないがちょっとづつ自分なりにCSSやPHP?などをいじって対策をしていた。Twitterや検索で落ちているようなSEOの対策を時間がある時に少しずつ行っていたのだ。

しかしながら深い知識もない自分に自信がなくいつかは有料テーマに変えようと決めていた。ある程度このブログで収益が出ていたので、そこから『THORトール』という有料テーマを購入した。僕にとって初めての有料テーマだ。有名なライオンブログを作成しているフィット社の最新版だ。もちろんJINやSANGOなども候補に入っていたが、一番最新版ということでトールを選んだ。それが2019年11月6日だった。

テーマを変更した直後、僕の期待とは裏腹にPVがまた下がり始めた。拍子抜けした。有料テーマに期待を込めすぎていたのだ。調べてみるとテーマ変更によりGoogle側が今までのブログを認識できず、評価が下がる恐れがあるらしいのだ。GoogleのSEOはGoogleにしか分からないことだが、そういったことがあると信じるしかなかった。今までやってきたことがダメだったと否定されるのが怖かった。

アクセスの稼いだ記事が軒並み順位を下げた

 

結論PVの減少はアクセスの稼いでいた記事が軒並み順位を下げたことだ。ブログあるあるなのかも知れないが僕のサイトを支えていた記事のほとんどは右も左も分からなかった初期の頃の記事だ。新しく書いた記事は全く鳴かず飛ばずだった。

この時僕が悟ったのはSEOなんてないということだ。ワードプレス構築をしてキレイなサイトや分かりやすい文章を書けるようになってきて、上達してきたと思っていたがそれは間違いだったみたいだ。僕自身の文章の個性をかき消し、自ら大多数の『個性のない文章』に入っていってしまっていたのだ。

大事なのはサイトのキレイさではなく本心で正直に書いた記事しか読者に刺さらないということだ。どこかのブログの中で読んだことあるようなことを書いているかもしれないが、これが事実なのだ。AIが僕らの背中を追い越そうとしてくる中で唯一勝算のある書き方だ。PVもない数多いるブロガーが言っている独り言に過ぎないが、必ず個性のある文章が『SEO』の中で息をする。

 

書くのをやめた

 

アクセスが減っていきさすがに諦めの悪い僕でも書くのをやめた。小銭を稼ぐためにランサーズを始めた。出されたお題に淡々と文章を書いてしっかりと収入が入ることに安心を覚えた。

そんなときにある一通のメールが届いた。それはブログにコメントがついたとの報告だった。昔はPVを支えていた記事でPV減少により1日10PVほどになってしまった記事からだった。

 

▼都会の暮らしで思ったメリット・デメリット

 

コメント
Tさん

都会のデメリットというか東京のデメリットですね。
大阪・名古屋はそんな辟易するほどの人はいませんよ。
家賃がバカみたいに高いのも東京だけ。
関東でも郊外に行けばそこそこです。

まあ、その分メリットの方も東京が大きいのですが。

 

SEOに沿ってキーワードを考えながら少し読者を煽った記事を執筆している時だった。『これだ』と思った。僕がブログを書き始めたのは単純に承認欲求を満たすためで、小銭を稼ぐためではない。読者の方からの共感や否定を受ける中でコミュニケーションを取るためだ。思い出したのだ。ブログ記事で誰かからの反応を得るのはTwitterやInstagramより難しい。検索結果は問題への答えでもあり、個人的な意見だけでは終わらせられないからだ。TwitterでもなくInstagramでもなくブログから発信をし始めた時の気持ちを取り戻した。

 

それから。

 

アクセス順位を調べて100記事近くリライトした。新記事も投下した。1年と8ヶ月目にしてようやく本来の形を取り戻した。今こうやって自分のスタイルで文章を書いていて本当に楽しい。ブログなんて日記が主流だったし、これが正解なんだとすら思っている。間違っていてもいい。自分はこのスタイルでやっていくと自信がついたのだ。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク