今話題の『CBDオイルのフェイスマスク』を使用したらヤバかった…【美容】

・CBDオイルって詳しく何?
・噂で聞いたけど大麻使ってるってほんと?
・効果ありそうだけど、なんか怖いよね…
最近テレビやニュースで『CBD』とか『CBDオイル』って言葉をよく耳にします。
なんとなく大麻となんか関係があるのかな…くらいで実際のことはよくわかっていないと思います。
ですので、今回は『CBDって何なの?』ということと『CBDのフェイスマスク実際に使用してみた』
この2点について記事を書き進めていきたいと思います。
スポンサーリンク

CBDオイルって何?

CBDオイルのCBDとは『カンナビジオール』という麻の有効成分のことです。
カプセル型であったり、肌に直接塗る、お茶に含ませたりや電子タバコ(リキッド)で吸うなどの使われ方が一般的です。
ただ単なるリラックス効果だけでなく『※癲癇(てんかん)』の発作がCBDによって抑えられることが分かったため、世界でこのCBDが注目を浴びるようになりました。
(※癲癇-てんかん-とは脳内の過剰活動により異常な興奮状態が続く症状のこと)
またCBDには『正常な値に戻す』という効果ももっており、今まで血圧や血糖値を下げるだけの西洋医学に対して、CBDは副作用なくそれらの値を正常な値に戻すことができるのです。
さらに炎症を抑える『抗炎症作用』効果もあります。
このカンナビジオールはうつ症状や慢性的な痛みが軽くなる、深く眠れるようになるなどのリラックス効果をもたらします。
また美容においてCBDを肌に塗ることで皮膚の角質層の増殖を抑える働きをします。つまり肌をすべすべにする効果があるということです。他にもニキビやアトピーのかゆみを抑える働きもあると言われているので、美容にも効果があります。

CBDは違法じゃないの?

 

大麻のニュースが連日流れる中でいくら効果があるって言っても、使用するのに抵抗がありますよね。

結論から言うとCBDは違法ではありません。

CBDは産業大麻と言われる麻の種と茎から作られています。神社のしめ縄や洋服に使われる麻ですので合法成分となっています。

大麻に含まれる成分には主に2つあり先ほど説明したCBDの『カンナビジオール』とTHCの『テトラヒドロカンナビノール』があります。

THCは精神作用の効果が強く、精神錯乱や幻覚・幻聴を引き起こす可能性があります。つまり皆さんの知っている脱法ハーブや危険ドラッグと言われている大麻にはこのTHCの成分が含まれているのです。

しかしながら今回紹介しているCBDとTHCの分子式(C21H30O2)は同じなのですが、構造式が違うため別の作用を示すのです。

 

CBDカンナビジオール(Wikipedia参照)Cannabidiol.svg
THCテトラヒドロカンナビノール(Wikipedia参照)THCの構造

 

CBDはTHCとは違い、精神作用や幻覚・幻聴を起こすなどの悪影響はないので、安全な成分であると言えるのです。

法律を守るため、今日本で使用されているものは麻の茎と種から抽出されたCBDのみが利用されています。

日本の法律では麻の穂、葉、根の所持や加工が禁止されています。また海外のCBDの使用が認められている場所ではラベル表示の改ざんがあり、実際にはCBDが含まれていなかったり、基準よりも高いCBDが検出されたりなどしていることがあるので海外で使用の際は気を付けたいところです。(参考文献:米国医師会雑誌JAMA)

CBDの依存性や危険性について

 

危険性について、2018年に世界保健機構(WHO)がCBDの危険性について健康リスクや乱用の危険性はないと正式に発表しています。

 

引用文献:大麻取材歴20年、矢部武にドラッグを学ぶ。「危険性と違法性は必ずしも同じではない」

上記のグラフを見ても依存性はそもそも大麻であるマリファナでさえそこまで強くなく、日常にありふれたニコチンやアルコール、またカフェインの方が強いことがわかります。

CBDは世界ドーピング防止規定の禁止薬物から除外されてアスリートも使用されています。

 

 

CBDのフェイスマスクとは?

 

 

CBDに対する不安と恐怖を除いたところで早速、CBDオイル成分が入ったフェイスマスクを使用したいと思います。

今回使用するのが株式会社ラプタスの『smile CBD FACE MASK』です。

顔上部・下部の1枚ずつ、つまり1回分でお値段税込み1518円…高いです。

とにかく誰かが先に使用してその使用感を伝えるという役目を今回勝手に請け負い、人柱としてレビューしていければと思います。

 

内容・成分・注意事項

内容量
30g(上用・下用各1枚入 1セット)
全成分
水、グリセリン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、カルボマー、TEA、安息香酸Na、クロルフェネシン、ヒアルロン酸Na、PEG-60水添 ヒマシ油、EDTA-2Na、BG、ツボクサエキス、イタドリエキス、オウゴン根エキス、チャ葉エキス、キラヤ樹皮エキス、CBDオイ ル、ウラルカンゾウ根エキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー花エキス、香料
保存方法
極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
使用上の注意
  • 1.お肌に異常が生じていないか、よく注意して使用してください。お肌に合わないとき、即ち次のような場合には使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けると、症状を悪化させることがあります。
    ①使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
    ②使用したお肌に直射日光があたって、①のような異常があらわれた場合。
    もし症状がひどい場合は、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
  • 2.傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位には使用しないでください。

(引用:https://smilecbd.jp/detail/8)

 

THCとGMO(遺伝子組み換え作物)はもちろん入っていません。

CBDオイルのフェイスマスクを使用してみた【レビュー】

 

 

step 1 洗顔後、化粧水で肌を整えます。
step 2 袋からマスクを取り出して広げます。マスクを目と口の位置に合わせてから肌にしっかりと密着させます。
step 3 20~30分間そのままにしておきます。
step 4 マスクをはがし、顔に残ったエッセンスを手のひらで優しくなじませます。(公式:https://smilecbd.jp/detail/8)

 

実際に使用してみたら他のフェイスマスクより保湿液がかなりのビチョビチョ感がありました。

他のレビューに書いてあった通り、ベタベタ感はありませんが少しはヌルっとしています。

これで1518円か…と思いしっかりと記載されていた通りに洗顔→化粧水→マスク30分とつけました。

 

 

 

保湿液が多い分しっかりと張り付き、乾燥肌の方におすすめです。

マスクが2枚に分かれていたので、顔から浮かばないのも良いなと思いました。

たった1回だけなのに、しっとり感ともっちり感それ以上に肌が白くなりました。

CBD特有のリラックス効果は…気持ち程度に感じましたが、やはりはっきりとは分かりませんでした。

                                 (before)                                                                                              (after)
Haruki
一番感じたのは『美白効果』です!紫外線などで肌にダメージを受けていればおすすめの商品です!

まとめ

 

初めは不安だったCBDオイル入りのフェイスマスクも使用してみれば安全で

他の製品よりも優れていることが分かりました。

世の中に浸透していくまでにまだまだ時間がかかりそうですが、医療用大麻が徐々に認められてきている昨今、もっとCBDの良さを知って頂けたらなと思います。

 

 



最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク