~another world~

海外生活で感じたメリット・デメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -
陰キャなのでいつもブログ書いて生きています。 読んで頂けて幸いです。 カクテルや日本酒少し詳しいです。 Twitterもやっているので絡んでもらえると喜びます。

✔海外に移住したいけど不安

✔ワーホリや留学を検討している

✔そもそもどんな生活をしているのか知りたい

こういった考えや疑問をもった人におすすめの記事です。

僕は現在カナダのバンクーバーで海外生活中のこともあり、日本にいた時の生活と比較することがあります。

実際に住んでみての体験談から自身の感じたことを書いていくので

あるあるなものから、コアな情報までお届けできると思います。

 

 

スポンサードサーチ

海外で生活する理由

 

 

Woman Lying on Sofa

 

そもそも海外に移り住んでいる人は大きく分けて以下の通りです。

  • ワーホリや留学の語学学習
  • 仕事のため
  • 日本が嫌になったから
  • 仕事のしやすさ・住みやすさに気づいてしまった
  • 海外での挑戦(スポーツ、デザイナー、通訳)

 

あまり知られていないかもしれませんが、日本より物価の安い国である中国・タイ・マレーシア・台湾などに移住する人々は年々増加しています。

税金や掛かるコストが低いため移住した方が生活にゆとりができることが大きな理由の一つです。

 

外の世界を知ってしまったら日本に留まっている理由は正直ありません。

初めは友人作りや慣れない土地で四苦八苦するかもしれませんが住めば都、人によっては日本より過ごしやすく感じます。

 

僕らが知らないだけで意外と海外で生活している人はたくさんいます。

2017年の外務省による海外在留邦人数調査統計によると

海外に住む日本人の数は135万1970人で統計を開始した時から過去最多となっています。

日本がダメだ…と素晴らしい人材が海外に移住してしまうのは非常に残念ですが…。

来年再来年とまたどんどん、良くも悪くも海外に移住する人は増えていくと考えられます。

 

この記事にたどり着いたということはあなた自身も海外移住をお考えですよね。

そこでここから海外生活のメリット・デメリットを紹介しますので参考にして頂けたらと思います。

 

 

海外生活のメリット

 

 

ここからは海外生活のメリットを紹介していきます。

イメージだけではホントなのかどうか判断することはできませんので

リアルな体験談からメリットをお伝えしようと思います。

 

 

勝手に語学習得

 

Person Behind Books

 

日本ではないのでもちろん普段使用する言語は日本語ではなくその土地の言語となります。

生活するために最低限の現地の言葉を覚えることは必須なので、mustで英語を勉強する必要があります。

初めのうちは言語の壁にぶち当たり生活することが難しく、鬱気味になってしまうことも多々ありますが

少し言語を習得すれば現地の人とも仲良くなることができ生活が楽しくなります。

 

 

住みやすい・生きやすい

 

Kitchen, Home, Interior, Modern, Room, Floor, Furniture

 

他の国に比べ日本は先進国でモノや情報で溢れかえっています。

コンビニだけでも欲しい物はすぐに手に入るのが日本で非常に便利です。

それに比べ海外はコンビニの数も少なく、そもそも24時間で営業するお店はありませんので

夜中に何か欲しいなと思っても買うことすらできません。

 

しかしながら、結論から言うと海外の方が住みやすく・生きやすいです。

消費者目線になれば海外に来ると不都合な点が目に入りやすいですが、労働者側に立った時

定時に終わる、時間にギリギリな労働環境がないなどの理由から仕事がしやすいです。

 

労働者も消費者も時間に追われることがなく、心に余裕があるので日本のようにお店にクレームを入れる人は少ないのです。

 

日本にいた時あれだけ息苦しかった生活が海外に来たら嘘のように生き生きした生活へと変わりました。

ゆったりとした時間の中で生活することになれてしまいそのまま移住する人が特に多いです。

収入こそ低いかもしれませんが幸福度は高いことが分かります。

 

美男・美女が多い

 

Woman Wearing A Hat

 

男性の諸君に聞いてほしいのがコレ、美女がまあホント多いこと。

特にカナダだと移民の国なのでフィリピン・中国・香港・韓国そしてカナダの人…

各国からの美女が集まっています。選び放題です(イケメンであれば)

 

ただ残念ながら世界的にみると日本人男性は小柄でレディーファーストがないという印象が強く全然モテません。

もし現地で好きな人ができたら、言語を頑張る・コミュニケーションをしっかりとるなどして

イケメンに負けないようにしましょう。(自戒します)

 

さらに語学留学する日本人もなぜか美女が多いです。理由は全く分かりません。

キャリアウーマンになったろ!みたいな人が多いからなんでしょうか。

日本人も可愛い人いっぱいいるので留学するひとは恋愛も楽しめますね!

 

 

色んな考え方ができるようになる

 

Clear Light Bulb Placed on Chalkboard

 

非常にセンシティブな内容でこれをブログで書こうか迷ったのですが真実なので伝えます。

海外に来たらいろんな考えや広い視野をモテるようになります。

海外に来るまでのイメージは…

 

  • 盗難や犯罪が多い
  • 人種差別がある
  • 英語が話せない人への差別

 

などが普段の日常であると思っていました。

ですが実際に住んでみてそんなことはありませんでした。

カナダにもSuica的なコンパスカードと呼ばれるものがあるのですが、

それを落とした時に後ろの人が大きい声で呼び止めてまで拾って届けてくれました。

 

また日本人だからといって邪険な扱いをされることもなく

英語の全く分からない僕に何度も聞き返し、なんとか聞き取って理解してくれます。

海外への悪いイメージは住んだことによってほとんどなくなりました。

 

ここから友人の話になりますが、僕の現地で会った友人は同一性愛者について

良くないイメージを持っていましたが、カナダに来てオープンに交際している姿を何度もみることや

同一性愛者の友人ができたことで良くないイメージを払拭したと話していました。

日本では偏見として語られることも、海外では当たりまえだったりするので

自分の許容範囲が広がるのかもしれません。

 

令和になっても未だ日本は内向的なので、外国人がいることすら受け入れられていない状態だと感じています。

2020年のオリンピックも近いので、偏見をなくすような取り組みを行うべきだと僕は考えています。

 

 

海外生活のデメリット

 

 

もちろん海外での生活は良いことばかりではありません。

そもそも日本は先進国でいい国だからです。

海外と日本を比べた時にやっぱり日本はいいなと感じたこと、海外のココが嫌だなどを

ピックアップしてお伝えしていきます。

 

 

好きな時に飲みに行けない

 

bartender mixing tequila on table

 

何度かブログでお伝えしているのですが、海外では朝方まで飲み屋は開いておらず

カナダの場合ほとんどのお店のクローズ時間は午前2時です。

3時以降アルコールを提供すれば違法となってしまうため、だいたい2時で閉店になってしまうのです。

 

23時とかに閉店してよっしゃ飲み行こう!って思ってもやってるお店が全然ないから

仕事終わりの一杯がなかなか現実的に厳しいです。

 

その点日本には朝方まで営業している居酒屋が非常に多いため

スタッフ同士、友達同士で朝方まで飲むことも多く、密にコミュニケーションがとれていたように感じます。

単純に僕がアルコールを摂取したいだけなんですけどね。

 

 

コンビニが全然ない

 

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • セーブオン
  • スリーエフ
  • キヨスク

 

思い浮かぶだけで数多くのコンビニがあります。

またセブンの道路挟んだ向かいにファミマがあるみたいな光景もよくあり

日本のコンビニの多さは計り知れないです。

 

カナダでは有名どころはセブンのみで主要な駅の近くにあるくらいで

街を歩いていても全くコンビニを見かけません。もちろん日本みたいに24時間営業している訳もないので

夜中に見かけたところでモノを買うことすらできません。

 

 

製品がちょっと脆い

 

Grocery Cart With Item

 

住むために現地でいろいろ買いそろえたのですが、何かいろいろと壊れやすく脆いです。(笑)

例えば爪切りが使いづらかったり、テープがペラペラで張りづらかったり

例を挙げたらキリがないのですが、製品に落ち度があるように感じます。

それを感じてからは日用品で長く使用しそうなものはほとんど無印良品で買うようにしています。

輸入品になってしまうからか結構な高額商品になっていますが、結果として長く使用できるので

日本の良い物を使用するようにしています。

 

 

とにかく遅い

 

brown tortoise on brown sand

 

海外に来たときは何食べていいか全然分からなくて、困って日本でも馴染みのあるマクドナルドやサブウェイにはいりがちです。僕もその一人でした。

なので初めの頃は頻繁に利用していたのですが、注文していくら待っても商品が出てこない。

怠慢な態度でみんな働いているように感じるので、日本だと全部クレームになると思うくらいです。(笑)

 

また働いていても、決まりきった時間に全然業者がこない。

飲食店とかだとロスが出ないようにその日に必要な分を当日にくるように発注をかけるので

日本だと仕込み中の決まりきった時間にもってきてくれました。

しかしちょっとレイジーな海外では休み休みで運んでくるので(たぶん)

ちょっと時間がずれたりすることが多々あり、その日の営業のスケジュールを立てづらいです。

 

注文したらすぐ商品が出てきたり、伝えればきちんとした時間にやってくる業者さんなど

日本は本当に素晴らしい人材の集まりなんだなと実感できました。

とにかく遅いので日本での生活に慣れてしまっている方は少しイライラしてしまうかもしれません。

 

 

まとめ

 

海外での生活には一長一短があります。

海外で生活したい!移住したい!と思っていても現実は違った…なんてことも良くある話です。

ワーホリや留学に来ているほとんどの人はカナダのことを良い国といい

そして住みたい、移住したいと言っています。

住めば都で住んでみたら、ぶっちゃけどこでもいいところだって思ってしまうのかもしれませんね。(笑)

 

実家の田舎から都会に出たように、海外に住んだ経験は非常に自分を成長させてくれました。

海外での生活でどのように感じるかは人それぞれです。行きたい!その意思があるなら

絶対に行くべきだと僕は思っています。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
陰キャなのでいつもブログ書いて生きています。 読んで頂けて幸いです。 カクテルや日本酒少し詳しいです。 Twitterもやっているので絡んでもらえると喜びます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2019 All Rights Reserved.