~another world~

元Bar店長オススメの誰でもビールがおいしく飲めるたった3つの方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

元Bar店長のはるきです。そろそろ夏本番で外でバーベキューや海でお酒を飲む機会が増えてきますよね。その中でも飲む機会が多いのがビール。ビアガーデンも日本では人気になってきているので、どんどん飲む機会は多くなっています。

 

ビアガーデンバーベキュー全部パリピ感あるよね。つまりビールを制すれば恋も制するってことなんだよ!ビール飲めなきゃ恋も始まらないからとりあえず1杯は飲めるように今日はこの記事でビールのことを良く知ってすぐにビールを飲んでほしい!(笑)

 

 

それでもビールは苦くて苦手という人いますよね。ビールは爽快感もあって夏場に飲むお酒で僕は1番おいしいと思っているので本当にもったいないと感じています。もちろん初めは僕も苦くて全く飲みに行っても注文せず、カシスオレンジばかりでした。ガチです。僕のお酒の世界はずっと狭くビールの味すら知らなかったのです。

 

そんな僕がBar店員になって克服した方法や楽しいビールの飲み方について紹介していきたいと思いますので、ビールが飲めないという人ほど必見の内容です♪

 

そもそもビールとは?

 

ビールの原料は主に水、麦芽、ビール酵母、ホップがあります。中でも『ホップ』がビールの香り、そして苦味の成分の源です。

 

酵母の違いで大きくラガービールエールビールの2種類に分類することができます。

 

ラガービール

低温の約10℃以下でゆっくりと時間をかけて発酵して作られるのがラガービールです。酵母が下層に沈むため、この発酵を下面発酵と呼ばれる。日本メーカーのほとんどがラガービールで、切れのある苦味と角の取れた味わいが特徴です。

 

エールビール

 

常温の約18℃前後で短い時間で発酵させて作られる。ラガービールとは反対に酵母が上層に浮いてくるため上面発酵と呼ばれる。今はラガービールが主流だが、エールビールのフルーティーな味わいやコクがあり好んで飲んでいる方も多いです。

 

 

ビールのおいしさって何だろう?

 

ビールのおいしさは3つあります。それは『苦味』『のどごし』『泡』です。この3つの特徴を抑えて知ることでビールを好きになれる可能性はグーンっと高まります。見て分かる通り苦手な人はこの3つが苦手なんですよね。(笑)

 

人間と同じように短所は長所でもあります。それぞれ特徴を捉えていきましょう。

 

苦味

ホップが苦味を生成しているので、苦味のあるビールを飲んでおいしいと感じる必要があります。そもそもなんですが苦味って実は人間が本能的に『苦味』は得意ではない味なんです。生まれたときから『うまみ』『甘味』『塩味』というのはおいしく感じます。これも人間の本能的なものです。

 

じゃあなんで苦味がおいしいって言えるの?なんて思ってしまうかもしれませんが、人間は人生の経験から苦味をおいしいと感じる味覚を後から得ることができるのです。

 

例えばピーマン。苦いと思って昔嫌いだったが、大人になってピーマンを食べれるようになった人はいませんか?この現象と同じなんです。苦味と同様に酸っぱいという味覚も本能的に受け付けず、後から味覚として得ることができるそうです。

 

つまりビール苦手な人はピーマンも苦手じゃないですか?(笑) 苦味や酸っぱさをおいしいと感じられない、好き嫌いの多い人がよく『まだまだ子供だなぁ~』と言われることはあながち間違いじゃないかもしれませんね!

 

もっともっとビールの味を知ることで、苦味に慣れそしておいしいと感じる日がくることでしょう!チャレンジあるのみ!

 

のどごし

 

ビールは日本酒のように舌先で味わって飲むものではありません。ビールをおいしく感じるコツはノドでおいしさを感じること!

 

炭酸と苦味がビールの良さなので、チビチビ飲んでも良さを引き出すことはできません。苦手だと頭で思いすぎると余計にちょっとずつチビチビ飲んで苦味を感じ苦手だと思ってしまう原因を自ら作っています。

 

僕がオススメする飲み方はまず苦味を忘れて、乾杯と同時に3分の1をノドにぶち込む方法!上司がいるなかで雰囲気壊してはならないと思ってノドにぶち込んだ結果、僕ははじめてビールをおいしいと思えました!

 

炭酸が入っているのでそう何杯もおかわりできませんが、最初は生で!とおっさんの仲間入りすることができました。(笑)

 

最後にビールの決めて泡をご紹介していきます。空気に触れないようにする効果があり鮮度を守ってくれます。泡を保ちつつビールを飲むことで飲みかけでも泡が酸化を防いでくれます!また口当たりを良くし最初のゴックンまでを最高の状態で導いてくれるビールの肝といっても過言ではありません。

 

缶ビールをのんで、しっくりこない方は是非Barやビール専門店に直接行ってビールを注文して飲んでください。泡のキメ細やかさとグラスで飲むおいしさもあるので試してみてはいかがでしょうか。

 

僕はサーバーと市販のものでは全く味の質は違います。お店の雰囲気でおいしく感じることもありますが、是非しっかり泡までつがれたビールを飲んでおいしさを感じてほしいと思います。

 

 

まとめ

 

ビールはいいよビールはいいよとオススメしてきましたが、飲めない時は飲めないのでその時はきっぱり諦めてね!そもそもアルコールが苦手で飲みすぎたら大変なことになるからね。

 

キンキンに冷えたビールは暑い日にはピッタリの飲み物で最高です!しかしながらアルコールは身体の水分を飛ばしてしまうのでアルコールを摂取した後はしっかり水分補給するようにしましょう。悪酔いもなくなりますよ!

 

 

ほとんどの場合が食わず嫌いとか昔の記憶で苦手だと思っていることが多いから、ビール苦手だと思っていてもこの記事を参考にしてみて挑戦してみてね!ビールは食事にも何でも合うし、ビアカクテルもあるから新しいお酒の世界も楽しめるようになるよ♪

 

この夏はビールでパリピになろうぜ!!!

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2018 All Rights Reserved.