~another world~

僕、理由があって家出してます。

2018/05/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

最近怒られても笑っちゃうくらい人生が楽しいはるきです。

大変、闇が深い『僕、理由があって家出してます。』というタイトルに

してしまいました。初めに父さん、母さん僕は安全に生きています。

『家出』を今回のテーマとしました。僕は18歳の時に上京して一人暮らしを

始めました。好きで始めた一人暮らしですが、僕はこれを家出と呼んでいます。

家出とはひそかに家を出て、帰らないことと記載されていたのですが

僕の定義では実家を離れた時点で家出だと思っています。

また隠れた意味として家出とはまた帰ってくるという意味もあると僕は思います。

家が嫌になったり、何かに挑戦したかったり、進学でなど理由がたくさんありますが

みんなゴールは決まっているんじゃないのかなって思います。

一人暮らしないし、ルームシェアで実家を離れた方に向けて大切なことを記していきます。

夢がある

僕は夢があって一人暮らしを始めました。夢を叶えるためです。

大きな舞台に立って活躍して人気者、そんな夢。

田舎から都会に来ると僕みたいに夢を叶えたい人がたくさんいて

多くの人と語り合ったり、励ましあったりできました。

田舎とは違い保守的な人が少なく刺激的で25歳になった今でも充実した毎日が

過ごせていると実感しています。

一方で信念強く夢を叶えるぞ!と家を出て走りましたが、どうでもよくなり

何度も歩みを止めたくなる時がありました。

親に会いたいと思ったり実家に帰って休みたいという気持ちが高まり

そういう時に限って帰ってきたらどう?とメールが届く。

でも半分親の反対を押し切って出てきた以上、ボロボロになった自分を見られたくなくて

親に顔を合わせられないなと思ってしまう。

それでも親は帰ってくる場所があるよと優しく声をかけてくれるのだが

それが逆にあまのじゃくな僕の背中を押してくれていた。

親のありがたさに気づく

一人暮らしを始めて、水、光熱費や学費、税金など

いままで親が払ってきてくれたことにまずありがたさを感じました。

フリーターや飲食の正社員では自分一人を養うのに必死で

欲しい服や欲しい食べ物にお金をかけられない。

親がいつもダッサイ服を着ている理由がよくわかりました。

人間気持ちの部分で浮き沈みのあるなかで僕の両親はケンカこそありましたが

全てを投げ出すことなく僕を育ててくれました。

僕が親になったときに感情的にならず真摯に子供と向き合えるかなって

思ったりもしますが全然想像できません。

親がめんどくさいとかお金のかかる塾や野球をやめてほしいと思った時がありそうだな

と思ったりもしました。

親孝行

いつしか夢は自分のためではなく親のためになっていました。

賞金を得た成功者がインタビューの時に『この賞金どのように使いますか?』という質問の際に

『親とおいしいごはんに行きます』とか『実家リフォームします』と

親のためにお金を使う理由が夢をもって分かった気がします。

今は全く届かない夢でも叶えた後のシナリオは僕の中で出来上がっている。

もちろん、親孝行だ。

家出している人はどんな理由で家出したのかな?

いずれは自分のためじゃなくて誰かのためにって思うかもしれないね。

いつか帰るよ

僕はいつか実家に帰ろうと思います。

それは夢が達成したとき家出終了です。

今は夢の達成がゴールじゃなくて親孝行までが1つの目標としてあります。

いつか親にありがとうと言える日がくるといいのですが…。

1つの親孝行が終わった後、僕はまた家出します。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2018 All Rights Reserved.