~another world~

仕事に行きたくないすべての人に贈る5つの対処法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

マジで事に行きたくない…。ストレスや気持ちの問題で今日は仕事に行きたくない、いや今日も仕事に行きたくないと思うことは皆誰しもあります。どんな素晴らしい人でもこのような気持ちは持っており、なんとか気持ちを切り替え職場に向かいます。

 

仕事に行きたくない理由

 

仕事に行きたくないと感じるくらいなので、どう考えてもポジティブなことは想像できませんよね。理由のほとんどはネガティブのものばかりです。身体的、精神的にも耐えられなくなって、自分を見失う前に理由を把握していきましょう。

 

そもそも仕事に行きたくない理由はなんなのだろうか。どんな理由があって仕事に行きたくないのかはっきりしない限り問題は解決しないので、その原因を探ってみましょう。

 

人間関係

 

職場の人と馬が合わないやちょっとした嫌味を言われるなど、人間関係が主に関係している場合があります。自分自身が気にしいなこともあり、周りの目を気にすぎるあまり仕事以外で悩んでしまう時があります。

 

自分が悪い場合なら改善すればどうにかなりますが、理不尽な言葉や暴力・セクハラが人間関係に直結しているなら問題を大きく捉えないといけないかもしれません。

 

特に上司となれば、言いたいことも言えずに一人モンモンとした気持ちで仕事を進めないといけないので、よりストレスが溜まっていくことに違いないでしょう。

 

 

解決策

 

どんな人でも好感を持たれると心理的にその相手も好感を持ってしまうものです。共感や親しみやすさをお互いに感じることで今まで以上に強いコミュニケーションを図ることができるでしょう。

 

相手に嫌悪感を抱きたくなるところですが、まずはいったんその心を捨てて笑顔に対応しましょう。もちろん相手の話も全否定することなく、肯定的な意見で聞いてあげることも信頼関係を築く上で重要になってきます。

 

また職場の中で仲間を1人作っておくことも大事です。上司や他の同僚と対立関係あっても、共感し合える人が1人いれば、職場に行く楽しみも増えるのではないでしょうか。

 

セクハラや言葉の暴力の場合は罰しましょう。相手が上司ならばその上の上司に伝えるようにしましょう。本当だということを真剣に伝えて何かしら対処してもらうようにした方がいいです。今の職場を捨てて違う環境に行くこともオススメします。2者択一なので、被害者で辛いですが『誰かに伝える』勇気もないといけないことは確かです。

 

過労

 

身体的に追い込まれて、そして仕事に行かないといけない気持ちとは反対に身体がやられていくので、精神的にやられていく過労。最悪、死ぬことすらあるので『行かない』と伝えたり、逃げたりするもの僕は選択の1つだと考えています。

 

過労のほとんどは会社側の無理な労働を強いられている場合が多く『仕事=休めない』と認識している真面目な人ほど過労で最悪なケースに陥ることがあります。

 

過労の前兆としてめまい、吐き気、睡眠障害、うつ病が上げられます。めまいや吐き気を治す薬を使用しようが、根本の過労という問題を直していかないと病は治りません。まだいけると思ってしまうのも過労で倒れてしまう1つのケースです。ヤバいと感じたら休むことを強く勧めます。

 

解決策

 

フリーランスや自営業など自分自身で仕事を決めている場合は休むことも仕事だと思い、しっかりと自制するようにしましょう。

 

会社で働いている場合は上司に相談するべきです。しかしながら、ほとんどの場合すべての会社員が過労気味になっていることが多いので、僕は退職し環境の整った会社に転職するべきだと思います。もちろん、僕は上司に話をしましたが、らちが明かないと分かったので2年ほどで退職しています。

 

僕の場合は過労の前兆か、寒気や不眠が続きました。熱が出ても2週間ほど下がらず、出勤が続きました。副交感神経も異常で体温がわからない状態になりました。風邪が治らないのは本当に苦痛でした。

 

こんなこともあり後悔するはずもなく、仮に後悔しているとすればもっと体調を気遣い早くに辞めればよかったと思っています。

 

原因がわからないけど…ストレスから体調が悪くなる

 

仕事に行きたくないと感じて、頭痛や不眠、食欲不振の症状が出る人も中にはいるようです。大きな理由は分からないにしろ、日々仕事にストレスを感じ生じることもあります。

 

人間関係や過労と明確な理由がわかっていれば解決も早いとは思いますが、単純なストレスで今の仕事はやめたくないとなると問題解決は難しいですよね。

 

それでも必ずストレスを解消する方法はあると思います。その解決策を考えていきましょう。

 

働く理由を見つける

皆さんは何のために仕事をしていますか。と問いかけたものの理由があれば、なんでもいいんです。仕事に行ってお給料を貰って…生きるためでもいいんですが、何か楽しみもないとストレスは発散することができません。

 

無理にお金を使うことを趣味にしなくても、貯金でもOKです。外に出て散歩するだけでもストレスの解消にはつながるのでドライブやお出かけでちょっとおしゃれなカフェでのんびりしてみるのも良いと思います!

 

周りの目を気にしない

 

ストレスを感じる理由の1つとして周囲の目を気にしてしまうこともあげられます。『自分だけ…』や『仕事を失敗した』からと言って何も気にする必要はありません。

 

職場以外にもっと視野を広げて世界を見ることで1つ1つのことを気にすることはなくなっていきます。自分を追い詰めすぎないようにすることもストレスを貯めない方法ですよ。

 

問題に向き合う

 

『ダメだ…』や『辛い』と感じて問題に向き合わない選択をしてはいけません。逃げも大切ですが、問題と向き合って解決することも大切です。人生自体、理不尽な構造になっているので、問題と戦うことも場合によっては考えられるので勇気をもって行動していきましょう。

 

まとめ

 

どんな天才、偉人でも仕事したくない時だってあるんです。その時に行きたくなる方法やルーティンを皆考えながら行動しているのです。

 

嫌なときは嫌です。何の理由もなくいかないのは悪ですが、辛いや体調が悪い時は休むべきなのです。そもそも『寝る』ことが存在すること自体、休まなければいけないことを示しています。休むべきときに休み、仕事すべき時に仕事するメリハリをつければ生活もよりよくなりますよ。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2018 All Rights Reserved.