~another world~

ワーホリに行かなきゃ良かったと後悔する理由とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
陰キャなのでいつもブログ書いて生きています。 読んで頂けて幸いです。 カクテルや日本酒少し詳しいです。 Twitterもやっているので絡んでもらえると喜びます。

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

こんにちはライターのはるきです。現在バンクーバーワーホリ中で英語もろくに話せないまま渡航しましたが何とか生きていけてます。(笑)

 

体験談であるワーホリから帰国した人やそもそも現地の人からワーホリに来てとても後悔しているという話を聞きます。僕自身いまは後悔なんて微塵も感じてはおりませんが、なぜそういった考え気持ちになってしまうのかを実際お話を聞いて、また僕の体験談からお伝えしていきます。

 

今後ワーキングホリデーに行く方の参考になればと思います。ビザ獲得や資金をためるよりも重要なマインドの話ですので是非ご覧になってください。

 

ワーホリなんて来なきゃよかった

 

 

自分で来てこんな思いをしたくないですよ。(笑) でも実際にこのような気持ち考えになってしまう時があって、実際僕も一時はブルーな気持ちになっていました。

 

自分で決めてきたのに⁉意味わからないと困惑する人もいるかもしれませんが、何度も言うように実際にこのような体験は起こりうるのです。

 

ワーホリ生活を充実させるために、そして何よりも行かなきゃよかったと後悔しないように、しっかりとワーキングホリデーがどんなものなのかを頭に入れて旅立ってほしいと考えます。

 

現地到着まででワーホリが終わり。

 

まず初めにワーホリに行くぞと決めて、ビザを取得して渡航までにかかる日数は約1年ほどです。そもそもの準備期間が長いだけあって、ここで熱が冷めてしまう方がいます。

 

現地について『わーいバンクーバーだ!』『わーいシドニーだ!』と喜んで終了。英語を覚えたいという目的があいまいになって、周りの知らない土地や知らない人に囲まれて急にホームシックになります。

 

外人と話す自分やホームステイ、ルームシェアで楽しく暮らす生活と期待を大きく膨らましたがゆえに始まる生活とのギャップがでてしまい期待外れ感が出てしまいます。

 

特にルームシェアはプライベートが守られており、一緒に生活はしていますが話す機会はほとんどありません。(笑)僕の場合ルームメイトは韓国人2人と僕の計3人ですが、話す機会はあまりありません。もちろん話す機会はありますが、1日1回程度で何か集まってするということはありません。

 

英語が話せない

 

言語の壁にぶち当たり、帰りたいと思ってしまう人も中にはいるようです。とにかく現地、英語圏内に身を置けば英語を習得できると思ってきた人がぶち当たってしまう壁ですね。

 

そもそも現地に身を置いたとしても1年という限られた期間で自ら進んで英語を学んでいかないと覚えることはできません。赤ちゃんですらやっと話せるレベルになるのは5歳くらいです。5歳にならないと会話できないことを考えると、5年住めばいいんじゃないんですかね。(笑)

 

もちろん限られた期間の中で来ている人がほとんどなのでそんな効率の悪いことはせずに、行動して友人との関係を築いたり積極的に交流していく必要があります。

 

ワーホリに来る過半数以上の方は英語を習得したいという気持ちで来ているので、なるべく少しでも英語を勉強してから来るのが普通の考えなのではないでしょうか?

 

特に何も勉強せずに来た方は初めはアルファベットからと日本でも簡単にできてしまうことからはじまり、もったいない時間が過ぎていくだけなので、最低ラインの単語や文法を抑えつつ勉強してからくることをオススメします。あたりまえですが。

 

日本人と一緒・・・

 

あるあるかもしれませんが日本人と一緒に行動してしまい、本来の英語学習を忘れてしまい遊び惚けてしまうものですね。

 

僕のバンクーバーでは歩けば日本人がちらほらいる環境にあるので、ルームメイトに日本人がいなくとも、掲示板などを利用すれば簡単に出会うことができます。また、仕事もジャパレスで働くことになる人が多いので日本人との交流は必ず出てきます。

 

日本人というだけで海外では何か共通点を発見したような感覚に陥り、すぐに仲良くなってしまい一緒に行動してしまいがちです。悪いというわけではないですが、毎日日本人と交流を重ねても海外に来た意味がないのであまりオススメができません。

 

ワーホリのいいところは英語環境があるというところです。最大のメリットとして生活しているだけでリスニング能力があがるので、その効果を活かして多国籍な人々と交流をしていきたいものです。

 

ワーホリに来た理由がなく就活できない。

 

あなたはどういった理由でワーキングホリデーにきていますか?パリピいえーい的な感情で来ていませんか?そんなの日本帰国してから就職や転職活動に失敗してしまうのは当たり前のように感じています。

 

仕事を選ぶことがなければ就職は簡単にできると思いますが、何をもって失敗したと言っているのかが全く分かりません。それは単純にあなたがワーホリの1年で得たものがなかったからではないでしょうか?

 

時間は無限ではありません。どういうつもりで来たのかを常に再確認してモチベーションを保たなければいけません。むしろワーホリでは志高く設定してきている人がほとんどなので、あまり浮かれて来てしまうと足元をすくわれてしまうのが現実です。

 

ワーホリで失敗しないために!

 

ワーホリとは名前だけで違った場所で1人暮らしを始めたと思えばいいのです。ワーホリで成功する人は自立している人です。目標や目的にあった行動を積み重ねるだけで1年の重みは変わってきます。

 

ただし物事を深く考え詰める必要はありません。シャイになって行動することができなくなってしまう人が多いので自由に趣味をしたり、気軽に話しかけたりすることで上手く物事が進むと考えています。

 

英語の勉強で言えば、趣味に没頭できる人は強いです。趣味を通して人脈を広げて英語環境にうまく入り込むことで充実した生活を送ることができるのです。

 

勉強しなきゃ学ばなきゃという姿勢も大事ですが、好きなことを良く理解していたり、日本のことを理解しているだけで他の人は興味を示してくれるはずです。

 

ワーホリに行きたいと思ったのはあなた自身です。他の人に反対、ましてや親に反対されようが自分のやりたいことをするためにやってきた時点でもうワーホリは無駄ではないのです。

 

いろんな意見があるとは思いますが、海外で生活するということは決して楽なものではありません。その環境に身を置くことで英語だけでなく、自分自身も高めることができると僕は信じています。

 

また就職に関しても不安なことがあると思います。自分がこれだけのことをしました、できるようになりましたと言えるようなことがあれば次の就職も難しくありません。

 

むしろ海外で生活できたのだから自分でやりたい仕事を見つけて行うフリーランサーになればいいんじゃないかと思います。ワーホリ中、いろんな方との出会いがありましたが不動産で収入を得ていたり、起業したりと自分の道を見つけている人もいました。

 

現実逃避や安易な考えできた人は『あれ、今何やっているんだろう?』とふと考えてしまうことがあると思いますが当初の目的通りのことを単純にやっていけばいいと思います。そもそも人生に正解はないですからね。(笑)

 

不純な考えで来たとしてもそれがあなたのやりかったことなのです。特に『なにやってんだ』と考え込む必要はなく間違っているとしたら、方向転換すればいいんじゃないですかね。僕はバンクーバーに来てまず思ったことは、ここに住んでいる人たちは自由だなと感じました。

 

朝からハーモニカ吹いている少年もいれば、バスケしながら登校する少年もいます。めちゃくちゃハイソックスの人もいれば、ふくよかな方がピッチピチの服来ている光景も見ました。

 

自分が感じこと思ったことをそのままに表現することは簡単です。恥ずかしい気持ちや変なプライドを捨てることがワーホリを充実させる有効な心の持ちようなのかもしれないですね。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
陰キャなのでいつもブログ書いて生きています。 読んで頂けて幸いです。 カクテルや日本酒少し詳しいです。 Twitterもやっているので絡んでもらえると喜びます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2018 All Rights Reserved.