~another world~

ワーホリでかかせない必要な持ち物をまとめました!渡航する前に必ずチェック!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

こんにちは、ワーホリ中のはるきです。もう皆さんはワーホリの為のビザは申請終わりましたでしょうか?次は持ち物についでですね。初海外という方もいらっしゃると思うので、渡航前に必ずチェックしてください!

 

着いてからアレがなかった…コレが欲しかったとならないように、荷物をまとめる前に持ち物リストは確認しておきたいです。

 

絶対に必要なもの

 

まずは絶対に忘れてはいけない持ち物からリストアップしました。海外に行く際は必ず必要となってくるのでチェックしておきましょう。

 

・パスポート

もう当たり前ですね。(笑) 5年か10年どちらかになっていると思いますが、渡航中に期限が切れないか必ず有効期限はチェックするようにしてください。

 

・航空券

最近はE-ticketをプリントアウトして持っていくことが多いですね。チケットレスとも呼ばれていますが基本カウンターで航空券は発行してもらいます。

 

・現金

なにかと必要なのが現金。海外はクレジットが主流だから現金はいらないと思っていると痛い目をみます。実際はクレジット会計ができなかったり、相手がキャッシュが欲しい時もあるので必ず換金場所で交換するようにしましょう。ワーホリの場合は20万ほどの現金が手元にあったらばっちりだと思います。あとはクレジットで対応してください。

 

・ワーキングホリデービザ

こちらはWork Permitビザとも呼ばれています。空港ではWork Permitビザ持ってると聞かれることが多いので覚えておきたい。

 

・運転免許証

日本での運転免許証をもっているのならば、国際免許証を発行できます。日本円で約3000円ほどの手数料がかかることと、有効期限が1年という点は覚えておきましょう。

 

また日本の運転免許証を海外に持ってくる際は滞在期間中に失効してしまわないように『期間前更新』をするようにしましょう!ワーホリや留学などで海外に長期滞在して免許更新にいけなさそうな人を対象とするサービスで、期間前でも免許更新することができます!

 

基本的にビザやパスポート、運転免許証があれば手続きは簡単です。(もちろん僕も行いました) 免許更新の際に何を持っていけばいいかわからない場合は近くの免許センターに問い合わせてみた方が早いですよ。

 

・クレジットカード

VISAかMASTERならなんでもいいです。銀行の紐づけだけしっかり行っておいてください。

 

・PC

レジュメ(履歴書)作成等で必ず使用します。むしろPCさえあれば生きていけます。なるべく壊れなさそうなものだとなおいいと思います。またコピーする際のUSBも準備しておくと良いでしょう。

 

 

僕がオススメするワーホリの必需品

 

・下着類

下着はは最低でも1週間分は欲しいところです。ルームシェアをしていると洗濯機を回すにもお金がかかってきてしまうので正直そんな回したくありません。週に1回程度しか洗濯機は使いたくないので、下着またTシャツは多めに欲しいです。

 

・衣類

スーツはいりません。夏に行くなら夏服、冬に行くなら冬服が欲しいです。夏に行ったとしても雨の日は寒いです。パーカーなどの羽織れる服があると便利でしょう。冬は激寒なので厚手のアウターが必要です。持ってくるのがめんどくさければ3ヶ月仕事して貯めて衣類を購入することも可能です。

 

・風邪薬

海外で購入すると厄介なので風邪薬は日本のものを用意しましょう。自分にあった風邪薬(のど、鼻、くしゃみ)があると便利です。

 

・折り畳み傘

これは僕が現在いるバンクーバー限定になりますが、よく雨が降るので折り畳み傘があると便利です。日本とは違うのか、雨が降っても傘をさしている人はあまり見かけませんが…。

 

・コンタクト、眼鏡

当たり前ですが、必要です。特に眼鏡を作るのは超めんどくさいので必ず持ってきてください!日本だったら『JINS』で5000円で作れますので!

 

コンタクトも一応カナダの場合購入できる場所がありますが、これもまためんどくさいので滞在期間分持ってきちゃった方が安心です。

 

・タバコ

喫煙者だったので1週間くらい吸ってましたが、カナダでタバコを買うと$12くらいかかります。(もちろん種類にもよりますが)めちゃくちゃ高いので日本から吸いなれたタバコを持ってきた方がいいと思います。ちなみにカナダはメンソールが禁止されています。

 

さらに購入する際タバコ、そしてライターも同じですが身分を確認するID(身分証明書)が必要です。パスポートや国際免許証で対応できますので、かばんにいれておきましょう。余談ですが高すぎるので僕は禁煙しました。

 

・サングラス

かっこつけるために…ではなくて日差しや紫外線が本当に強いのでサングラスをかけている人が多いです。別にサングラスかけていても浮かない街の雰囲気なので、目が弱い人は必ず持って行ってください!

 

 

僕的マジでいらないもの

 

・電子辞書

スマホがあれば十分です。確かにWi-Fiがないと単語を調べたりできませんが、友達の前で電子辞書出してまで調べることはしないし、したくもありませんよね。

 

・旅行用のガイドブック

いらないです。(笑) 何に使うんですか? といいますかダウンタウンにいけばしっかりした日本語のガイドブックがフリーで置いてあります。

 

・日本の文化

全く興味ない人が多いです。着いたときにルームメイトにお菓子を配るくらいでいいのではないでしょうか?荷物になるだけなのでもっていかない方がいいです。日本人がたくさんいるし、もう飽きているのかも…(バンクーバーに限る)

 

・食品

端的に…持っていく必要がないです。

 

まとめ

 

ざっくりと持ち物にかんしてはこんなところです。学校いくいかないにしろ単語帳や自分の使いやすい教材があるともっと英語学習も効率よくできるかもしれませんね。

 

余談ですが英語の学習本に関してはバンクーバーの公共図書館にも置いてあるので、もし持ってくるのを忘れたという方は是非活用してみてください。

 

筆者が男性なのでコスメアイテムに書けないのが残念です。シャワーが浴びれない時もたまにあるので制汗のヤーツ的なのは欲しいところです。臭い人も臭くない人も持ってきた方がいいです。僕は臭い人なので持ってきました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2018 All Rights Reserved.