~another world~

【動画あり】バンクーバー1番の危険地帯に潜入してみた。もう二度といかない。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

危険地帯。それはどんな安全な国でも存在する。混沌としたその空間は1歩入れば誰でも異様さに気づくことは間違いない。今僕がいるのはカナダのバンクーバー。大阪の西成区にある、あいりん地区の光景が未だに忘れられなく、そんなカオスな空間がバンクーバーにもないのか探してみた。すると…

 

 

East Hastings Stとメインストリートが交わる場所。バンクーバーで最も治安の悪い場所と言われ、犯罪、薬物中毒者、ホームレスと危険しかない場所だ。行きたい…。なぜか行きたい。そう思うのはあいりん地区のせいだ。

 

日本とバンクーバー

 

日本は世界でみてもトップクラスの安全な国であると言える。落とした財布が戻ってきたり、マナーを守る人が多いためか礼儀正しいし、また深夜にふらっとコンビニに行くこともできる。もちろん僕自身も海外を経験してまず初めに気づいた日本の良さが治安のいいところだと思った。

 

意外にバンクーバーも負けてはいない。トイレの汚さや運転の荒々しさはあるものの、まるで日本のように住むことができる。ホームレスの方は少々多いように感じ夜は危険を伴うが、昼間に関しては今まで気を使って歩いたことはない。使った財布をカバンに戻すのを忘れてついついポケットに入れがちなときもある。

 

そこで疑問に思ったのだ。日本の危険な地区とバンクーバーの危険な地区はどっちが危険なのだろうか?海外は危険だという固定概念に縛られて、安全な地域が実は多いのではないかと思ったのだ。噂程度に情報を聞いていただけでは確かめた内に入らない。そこで僕は実際に自分の目で確かめてみることにした。

 

 

イーストヘイスティングス×メインストリートまで

 

 

近くにバンクーバーで有名な蒸気時計もあり観光しながら向かうことにした。もちろん夏場で観光客も多く蒸気時計前は賑わっていた。ダウンタウンの中心部ということもあり、街のテンションは最高潮。暑さもあり屋台のドリンクも大盛況のように見えた。変わらないバンクーバーの街並みがずっと続いていた。

 

 

一本道を外れると閑静な街並みとなる。人も少なくなり、少し歩きやすくなった。家族連れもいてまだここは安全らしい。

 

 

しかし目的地に進めば進むほどあれだけ明るかった日差しが暗く感じるようになる。観光客に物乞いをするホームレスの数も増え、徐々に僕の歩くスピードは速くなった。その異様な空気にいち早く察知したのだ。怯えや恐怖を感じる。行ってはいけないと言われたことを思い出す。周りの人に注意しながら僕は平然を装って歩き続ける。

 

 

 

最も危険なエリア

 

急に人が多くなった。なんだ賑わってるじゃないか。違う…。大通りの両サイドにいる人々はすべてホームレス。ざっと100人は超えているだろうか。一瞬足が止まる。いやとりあえず撮影しよう。

 

 

伝わりましたか?

 

まあ全然笑えなかったんですけど、初めに伝えたいことは行かない方がいいということ。詳しく言うとクレージー&クリーピーな方が非常に多いので、話しかけられまくるのですが何言ってるかさっぱりわからない。

 

Hey Hey って言われてることだけは分かるのですが、僕のリスニング力が悪いのでその他何言ってるか本当にわからない。動き回っている人、永遠に空間と話している人、寝転がっている人様々な人を見れましたがそれ以上の収穫はなかった。ただただ危ないだけ。行く必要は全くないと実感した。

 

まとめ

 

日本の場合はホームレスの方がたくさんいるということだけでビビっていたのですが、海外は想像を超えてくる。仮に注射器でも当てられたら、どんな病気にかかってしまうか分からないのでウルトラスーパー危険。治療して治る病ならいいのですが、まだ完治というところまで医学は発展していないので。

 

危険と言っても何が危険なのかわからない、ということで今回足を踏み入れたのですがその意味が分かった気がする。カナダバンクーバーではマリファナが合法となっており葉っぱの絵が書いてあるお店で購入も可能だ。そのせいか違法な薬物までも蔓延しているという噂も聞くので興味本位でも絶対にやらないようにすべきだ。

 

バンクーバーの闇。まだ序章な気もする。僕はこれ以上関わらないようにしようと誓った1日だった。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Haruki
ブログで「ぐれーとな人生」とはということについて 日々自身の意見を発信中!Twitterフォローお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぐれーとな人生!? , 2018 All Rights Reserved.